”もしも”の時に備えていますか?
私たちの生活に”電気”は無くてはならないものです。
安心・安全を使命に社会に貢献します。

非常用発電機の負荷試験は実施していますか?

非常用発電機は災害時の人命救助の生命線です。
2次災害を防ぐためにも企業のコンプラアンス遵守に基づく 総合点検の啓発活動をしています。
二次被害を起こさないため、定期的な発電機の負荷試験を行いましょう。

非常用発電設備における点検義務とは?

消防法で定められている点検内容

非常用発電設備における消防法での点検基準や点検要領では、6か月ごとに実施する機器点検と、1年ごとに実施する総合点検があり、負荷運転は総合点検の際に実施する事が義務付けられています。
平成30年6月1日の点検方法の改正では、負荷運転だけでなく内部観察等のいずれかが選択できるよう規定されました。
また、運転性能の維持に係る予防的な保全策が行われている場合は点検周期を6年に延長することができます。
ただし、保全策記録が確認出来る事が前提となり、記録が無い場合は負荷運転または内部観察等のいずれかを実施しなければなりません。

自家発電設備の点検に関する告示及び通知

出典:総務省 消防庁ホームページ

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちら 

お電話でのお問い合わせはこちら

042-548-5235
  受付時間 10:00~18:00【土日・祝除く】